なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「うま辛味噌ラーメン 中辛」@麺屋 赤鬼の写真旨辛の味噌ラーメン(750円)辛さ中辛を食べました!
最近移転したばっかりみたいで、移転前から気になっていたので行きました!辛いのも好きなので(*^-^*)

店内は4人掛けのテーブル5席ぐらいでした!
店主が1人でお店を回していたので大変そうでした...(>_<)

麺は少し細めでツルッとした食感で、適度な辛さを求めるなら中辛でいいかな?私は大辛でも食べれそうでした!
結構マイルドでペロッと食べやすいラーメンでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油中華そば(580¥)大盛無料」@ラーメン食堂ホームランの写真20190321 11:15
鳴子温泉へ行く前にちょっと寄ってみた。
(本当は、花巻鉛温泉へ行きたかったのであるが時間的に断念)
(下道300㎞、6hはこの辺でlimitか)
前から気になっていた店だ。
駐車場は鋭角交差点、三角州の砂利道であるが、楽に駐車。

小上がり6(広め)、カウンター9
木曜は、大盛り無料とのことでラッキー。
奥さん? と旦那さん? お二人で頑張っている。
hotな店内の雰囲気。
醤油ラーメンには、普通と こってりがあり こってりをお願いした。

5分くらいで到着。
背脂であろうか、スープ面一面に白いものが。
どぎつくなく、いい感じの量である。
メンマが、海苔が、メンマが、ネギが。
海苔、メンマいらないからネギにしてほしい感じー。

朝抜きのため大盛り麺は難なくペロリアン。
大きめな器に注がれたたっぷりのスープもペロリ。
昔ながらの鶏ガラスープ、特別でもなく飽きもしない、懐かしい味だ。

特色、特長、特徴は薄いが、安価で確実に定着した味で旨い。
ごちそうさまでした。
次回は、ラーメン+定食もの(安価なんです)を食べてみたいですね。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件
71

「朝ラーメン」@山岡家 名取店の写真・訪問回数:初の訪問。
・店の場所:JR東日本東北本線館腰駅の南西、仙台バイパス沿いにある。
・店の外観:木造和風チックな外観、青い看板、一枚板の看板。
・駐車場 :約30台分くらいあり。
・席   :テーブル・カウンター・座敷で35席ほど。
・客数  :朝飯時、自分以外5人。
・店員  :調理の男性1人。
・注文方法:タッチパネル式の券売機から選択して注文。
・注文品 :朝ラーメン(450円)
・丼着時間:待つこと5分ほどで丼着。
・具   :小ぶりのチャーシュー(1枚)、ノリ(1枚)、梅肉、白ゴマ、青ネギ。
・麺   :カタメでオーダー。極細、断面は正方形、黄色っぽい、軽い縮れ、シコシコした食感。
・スープ :見た目は、油がキラキラ浮いた濁りのある薄黄色みがかった白。喰ってみると、塩豚骨味。豚骨はライトな感じで梅肉と良く合いイイ感じ。梅肉の溶かし具合で味の変化を楽しめる。
・その他 :
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あっさり」@長尾中華そば 仙台名取店の写真・訪問回数:初の訪問。
・店の場所:JR東日本東北本線館腰駅の南西、仙台バイパス沿いにある。
・店の外観:木造和風チックな外観、青い看板、一枚板の看板。
・駐車場 :共用?10台分くらいあり。
・席   :テーブル・カウンター・座敷で22席ほど。
・客数  :朝飯時、自分以外5人。
・店員  :調理の男性1人、接客の男性1人。
・注文方法:券売機から選択して注文。
・注文品 :あっさり(650円)
・丼着時間:待つこと6分ほどで丼着。
・具   :チャーシュー(2枚)、メンマ、ネギ。
・麺   :「手打ち」をチョイス。中太、断面は正方形、白色っぽい、軽い縮れ、ツルツルモチモチした食感。
・スープ :見た目は、チャーシューの油なのか油がキラキラ浮いた透明感のある琥珀色。喰ってみると、煮干し醤油味。煮干しがしっかり強烈だが優しく楽しめてイイ感じ。
・その他 :
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
95

「麺少なめ」@Yume Wo Katare Onagawaの写真通常300gですが少なめ150gでも十分お腹を満たせます!
並ぶの覚悟なら開店前から、並ぶのが嫌なら13時過ぎが狙い目でしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 800円」@末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店の写真100円も一気に値上げしたにも拘らず接客微妙、味も「新福○館」には程遠く、久しぶりにガッカリ感を会得。美味しいのは美味しいのですがね。残念!という印象でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ビッグ (並)」@らーめん ビッグ 五橋店の写真2019年3月中旬 ビッグ(並)750円
ランチに 2/12オープンの横浜豚骨醤油RA-MEN BIGの2号店を訪問。
店は奥に細長い造りでカウンター6席、テーブル12席。厨房脇には製麺室もある。
店員は厨房に3人、接客1人。先客10名と結構な客入り。
メニューは定番豚骨醤油とあっさり醤油豚骨、煮干&背脂、まぜそば。定番豚骨醤油のデフォにあたるビッグ(並)の食券を購入。油の量、麺の固さ、味の濃さは全て普通で注文。8分ほどで丼が配膳される。
スープはカエシが立った家系スープ。鶏油は濃厚で旨いが、油が切れると豚の旨みは少々パワーダウン。本店よりもスープの旨みは弱いように感じた。
麺は自家製の太麺。硬めの茹で加減で密度が高くミシットくる食感。もう少し柔めの方が好みだ。
具はチャーシュー、ほうれん草、キャベツ、海苔。チャーシューは特大で厚さ2cmほどでボリューム満点。強めな醤油味で旨みはまずまず。ほうれん草はクタッとしてキャベツは生でシャキシャキ。海苔は上質。
卓上グッズは豊富。おろしニンニクを少し入りてパワーアップ。生姜の酢漬けがサッパリとして食欲アップに貢献した。後はおろし生姜、胡麻、豆板醤、BP等がある。
固形物をゆっくり完食。スープは全部飲むとまくりスタンプがもらえて次回トッピングサービスがあるようだが、1/3くらい残して終了。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件
84

「牡蠣だし塩」@麺や 碁飯の写真2019年3月中旬 牡蠣だし塩 780円
3/12オープンの此方を訪問。店は田圃の中に飲食店が集まる一角。先日訪ねた 中国料理 無問題の裏にある。事務所を改装して店舗にしたようで入口が2か所あり左側の部屋はカウンター4席、右側の部屋はカウンター2席、テーブル4席、座敷4席。それぞれの部屋は壁で仕切られていて厨房だけは仕切りがない。なんだか、とても使いずらそうだ。内装は綺麗でピカピカ。若い店主と女性店員2名で切盛りしている。
店主さんは 玄龍で見かけたことがあるなと思い聞くと、やはり玄龍出身だそう。
先客3人、後客7人とまずまずの客入り。
メニューは味噌が先頭で牡蠣だしの醤油、塩と続く。牡蠣だしなら塩がよかろうと標題を口頭注文。
5分もせずに丼が配膳される。
スープは鶏豚魚介の清湯塩。初動で節がフワリと香り、牡蠣はガツンと来るわけでは無いが、牡蠣煮干をベースとした魚介の旨みと動物系の旨みが融合し深い旨みを醸し出している。塩味も円やかでスムーズ。
店主さんに伺うと牡蠣煮干し、節、鶏、げんこつを使っているそうだ。牡蠣煮干は使いすぎるとエグミがでるので控えめにしているとか。
麺は全粒粉入り中細麺。しなやかでシコッとした好みの味わい。スープの絡みも良し。最後まで全く伸びないのは好印象。
具は豚チャーシュー、鶏チャーシュー、穂先メンマ、白髪ネギ、糸唐辛子、青ネギ。豚チャーは2枚、 醤油味が濃い煮豚と嚙みごたえあるロースで良好。鶏チャーは1枚。シットリと良好。
穂先メンマはシャキシャキで旨い。
サクット感触、ご馳走様。
麺組ー玄龍の流れを感じさせてくれる新店らしからぬ完成度が印象的だった。
ただ、メニュー名は「塩らーめん(牡蠣煮干使用)」くらいのトーンが良いのではなかろうか。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏醤油白湯そば…780円」@桜木製麺所の写真2016.5.6昼3 多賀城市の産業道路沿いに、2014年7月にオープン。

骨太ながら鶏白湯とは思えないほど軽やかな口当たりのスープに、適度にハリを残した自家製細麺が隙なくマッチした、麺とスープだけでも十分な説得力を有する一杯。

卵黄を潰して浸透させると一体感が更に向上。巻きが丁寧なチャーシュー、ダシの染み具合が絶妙な正方形メンマなど、トッピングのクオリティ含め全てに抜かり無しの名品。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「納豆スムージーざる中華…950円、追い納豆…プラス50円」@五福星の写真2016.5.6昼4 仙台ラーメンシーンの牽引役として全国的に名を馳せる、名店中の名店に漸く初訪。3日前、某筋肉の酒店様に追い納豆の許可を得た為このオーダーに(笑)。

納豆の他オクラや山芋などのネバネバ食材を集結させ、食用シルク入り自家製麺と合わせた、ヘルシーながら猛烈なヒキも兼備した怪作。特に別容器で供される白酢を入れてからがヤバい!

これは季節問わず食うべし。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件