なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年1月19日の大崎裕史の今日の一杯

愛知県名古屋市千種区今池

東京の人気店「道」(亀有)で修業し、名古屋で2016年10月21日に独立。店名は「なる」と読む。
今池駅から一本道ではあるが徒歩12分ほど。行きは歩いたが帰りは通りの反対側近くにバス停があり、そこから今池駅まで乗った。
開店5分前に着いて5番目。平日だし思ったほどは並ばないのかな?と思ったら、開店時間にはどんどん増え、10人以上に。食べ終える頃には店内外で20人近くの待ちができていた。すごい。名古屋の人は開店してから来る習慣なのかな?5分前に着くだけで随分楽になれるのに。

事前情報でも、修業先を考えても、どう見てもつけ麺がウリなのはわかるが今日はどうにもラーメン気分だったので濃厚塩中華そばを頼んだ。先頭の10人中、おそらく私だけかな、ラーメンは。いいのいいの。(と自分を慰めるが少し後悔)

軽く泡立っている程よい濃厚スープにつるっとしたストレート細麺。メンマもチャーシューもソツがなく、チャーシューにのっかった塩漬けレモンが後半効果的で完食完飲。これはうまいなぁ〜。人気になるのは頷ける。

カウンターの薀蓄に「中華そばにはローストトマトが合います」と書いてあって、雑誌でも見てそれで中華そばにしたのに最近はどうやらトマトを出してないのだとか。残念。

これだけうまいんだったら、つけめんも食べてみたくなってきた。地方ではあまり再訪はしないけど、候補に入れておこう。

お店データ

中華蕎麦 生る

愛知県名古屋市千種区豊年町3-18(今池)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。